A型ママがB型娘と2020年中学受験に挑むブログ

A型ママです。ワーママから専業主婦になりました。そんな私が家事効率化や節約に取り組みながらB型娘の中学受験に併走する日々を綴るブログです。

【中学受験】塾の個人面談の続き 〜夏までの学習目標〜

A型ママです。今日もB型娘と走っています。 

f:id:bloodtypeAmama:20190520205834j:image

昨日は小学校で2時間連続ソーラン節の練習をしたというB型娘。

筋肉痛なのにすれすれまで腰を落とさないと先生に怒られる、ソーラン節あるあるを早くも思い知ったそうです。

 

 

さて、先日あった塾の個人面談

【中学受験】塾の個人面談 〜併願校プランについて〜 - A型ママがB型娘と2020年中学受験に挑むブログ

メインは併願プランについてでしたが、夏までの学習に関してもいくつか質問したのでまとめておきたいと思います。

 

 

 

夏までに取り組むべきこと

 

運動会の忙しさは置いておいて、6年生になってから復習中心のカリキュラムとなり少し気持ちの余裕がありそうなB型娘。

5年後期の方が確実に大変だったと思います💦

 

 

今までは週の単元をこなすだけで精一杯

塾の先生から

週テストの結果を見ると復習させたくなると思いますが、その週のことは土曜で忘れて日曜からは次の週の勉強を始めるように

と言われていたこともあって、積み残しが気になりつつここまで来てしまいました💦

 

 

復習の機会は季節講習や次の学年でもあるから」ということで指示通りに学習してきましたが、果たして6年生でも同じ進め方で良いのか不安だったのでそのあたりのことをお伺いしてきました。

 

 

 

Q1:これまでは算数に多くの時間を割いていたが、合不合になると理社の偏差値がパッとしないので理社の苦手分野の復習などに時間を使うべきか?

 

A:これまで通り算数中心でよい。

理社に関しては今覚えてもどうせ忘れる😱から、やりたいなら週の単元を徹底することに専念すると良い。

 

 

 

 

Q2:算数中心でということならB型娘の課題は応用レベルに慣れることだと思うが、具体的に何をやれば良い?

 

A:まずは試験中、応用レベルの問題を解く時間をしっかり確保するために普段からスピードを意識すること。

B型娘のノートや解答用紙にはムダな丁寧さがあり、最後の問題にじっくりと取り組むだけの時間がない。

手を早く動かす練習をすると良い。

 

 

A:さらに週テストや合不合の最終問題を復習してみると良い。

最後の問題は「捨て問」扱いでスルーしているが取り組むべき問題という意識に変えていく。

あとは、難問講座で徐々にレベルを上げていく。

【中学受験】オプション授業で課金ゲーム始めます 〜6年生からの塾費用公開〜 - A型ママがB型娘と2020年中学受験に挑むブログ

 

 

Q3:夏までにやっておいた方が良いことは?

 

A:基本は今までと同じく今週の単元をしっかり勉強すれば良い。夏までのカリキュラムは今までの復習になっているから、それだけで復習が出来る。

更に親はどの単元のどういうタイプの問題が苦手かなど細かく把握しておくと良い。

苦手な単元が把握できていれば、夏を有効に使える。

 

 

A:B型娘に足りない暗記系は夏に嫌でも覚えるようになるから、今は得意な算数をもっと伸ばすつもりで勉強すべし。

 

 

 

というわけで夏までは

週の単元を徹底的にやり積み残しが増えないようにしつつ、得意な算数で+αの学習を加えていく

という方針でいきたいと思います‼︎

 

 

今までの積み残しはストックに💦💦

なるべく身軽な状態で夏を迎えたいです‼︎

 

 

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます😊

 

 

B型娘とA型ママに応援のポチをお願いします❣️

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ